自動車査定

ローンがまだ残ってる車は買い取りしてもらえるの? 

車は安い買い物ではないので、ローンを組んで購入する人がほとんどだと思われます。でも、そのローンを支払いおわらないうちに他の車がほしくなってしまった、あるいは何らかの事情で車を現金に変えなければならなくなった、という未来も、十分予測できますよね。

 

ローンの支払いが終わっていないということは、その車の所有者は完全にローンの支払者にはなっていないということを意味するので、正式には、ローンがまだ残っている時点で、その車を他社に売り渡したり譲ったりすることはできません。しかし、多くの業者の車売買においては、ローンが残っていてもそのローンと総裁する形で買い取りをしてもらうことも可能だといわれています。買い取りに際してだされる査定額と、ローンの残りを合わせみたとき、買い取り額のほうが大きければその金額で車を手放した後にローンを完済することが許可されているのです。

 

また、買い取り査定がローン残高に満たない場合でも、その不足分を現金で補填することができれば、それも許されます。一括で払えなくても、そこでまた新たにローンを組みなおすこともできるようなので、ローン会社にひとまず相談してみることをおすすめします。

 

車査定 TOPへ