自動車査定

カーオーディオがついた車の査定額に影響あるのか 

車の査定額は、さまざまな要素の集合によって決定します。カーオーディオなどのオプションパーツも、その、査定額を決める要素の一つです。一般的に、オプションパーツがついていれば、それだけで査定額がプラスになるといわれています。

 

ただしもちろん、そのオプションパーツ自体の価値も関係してくるので、そのカーオーディオなりなんなりが、あまりに古かったり機能性に乏しかったり故障して無用の長物になっていたりすれば、当然無価値、査定に響くものもなし、ということになります。

 

カーオーディオはさまざまオプションパーツの中でも価値が高く、ついているだけで査定があがる可能性の高いものですから、純正品でそれがあるのなら、そのままにしておくのが買い取りには一番いいでしょう。逆に、こだわりすぎて社外品のオーディオに付け替えている場合、それがかえってあだとなってしまうこともあります。

 

なぜなら多くの人は、カーナビとカーオーディオの一体化を希望しているから。中古車業者でもそういったものの需要がやっぱり高いのです。だから不必要に社外オーディオをつけていてこれはいいものだから査定も上がるだろう、と思っていると、がっかりしてしまうことになります。

 

自動車査定※車を高額買取してくれる業者についてTOP